2016年05月01日

お買い物日記

ずっと行きたかった古本屋へ行く。
新刊書店では手に入らなくなった本を中心に見ようと決めて。

今日の収穫は以下の通り。

米原万里「ヒトのオスは飼わないの?」(講談社)
沢野ひとし・椎名誠「私広告」(本の雑誌社)
鷺沢萠「ハング・ルース」(河出文庫)
北村薫編「謎のギャラリー こわい部屋」(新潮文庫)
木村晋介「長崎ルパン物語」(角川文庫)
松尾由美「ブラック・エンジェル」(創元推理文庫)
「中島みゆき お時間拝借」(TOKYO FM出版)
米原万里「ヒトのオスは飼わないの?」(文春文庫)
米原万里「終生ヒトのオスは飼わず」(文春文庫)
畠中恵「みぃつけた」(新潮社)

ついでに、新刊書店でも。
畠中恵「つくもがみ、遊ぼうよ」(角川文庫)

買ってきた本を積み上げて、見つめてはにまにましてしまう。
どの本も思い入れがあって、どれから読み始めるか悩ましいところ。
時間をつくって、ばりばり読もう。

posted by haru at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話 お買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月31日

好きな場所

この場所へ来ると、いつも「あぁ、帰ってきたな」と思う。

ここはわたしの故郷でもないし、チームの本拠地でもないのにって考えると、自分でもおかしくなるけど。

青空の下の芝生の美しさも、夜空に映える白球の輝きも、どれもとてもすきで、選手の動きの一つ一つに心を奪われてしまう。

今年はどんな瞬間に立ち会えるかな。

新しいシーズンは始まったばかり。楽しみがたくさんある。

20160326140022_p.jpg





posted by haru at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

原田宗典「メメント・モリ」

原田宗典「メメント・モリ」(新潮社)読了。

うかつにも、原田宗典氏の新作小説が発売されていたことを知らずにいて、新聞の書評を見て、慌てて書店へ買いに行った。

語られるのは、身近な人の死、薬物、震災、逮捕、自殺未遂。
始めは、最後まで読めるのかなと、ちょっと不安になったけれど、そんな不安はいつの間にか忘れて読んでいた。

人って、どうしてこんなに回り道をして、難しい道ばかりを選んで生きてしまうんだろう。

でも、生きていてくれてありがとう。
小説を書いてくれてありがとう。
この本を読むことができて、本当によかったと思った。
posted by haru at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話 は行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

たからもののようなもの

『月ってさ
お陽さまと違って形や色がはっきり見えるじゃない
だからつい見上げちゃう
きっといろんな人がいろんな気持ちで
おんなじ月を見てるんだろうね』
吉田秋生「海街diary7 あの日の青空」より

2016年02月20日

上橋菜穂子「夢の守り人」

上橋菜穂子「夢の守り人」(新潮文庫)読了。

守り人シリーズ3冊目は、人生に希望が持てなくなった人に幸せな夢を見せ、夢の中にとらえてしまう「花」の世界をめぐる話。
夢にとらわれ眠り続ける姪を助けようと、危険な場所へ飛び込み、罠にはまってしまうタンダ。
皇太子という立場に絶望しているチャグムもまた夢の中にとらわれてしまう。

もうずいぶん昔、朝なんて永遠に来なければいい、目覚めなければいいと、毎日願いながら眠っていた日々が私にもあったことをふと思い出した。

読みながら、なんでこの本のタイトルは「花の守り人」でなくて「夢の守り人」なんだろうってずっと思っていたけれど、それが分かった瞬間、胸の中に温かいものがさあっと広がっていった。

毎日を一生懸命生きていくことが、どれほど強くて尊いことかを改めて教えられたような気がしている。


『おれにはね、人がみんな、<好きな自分>の姿を心に大事にもっているような気がする。なかなかそのとおりにはなれないし、他人にはてれくさくていえないような姿だけどね。
 少なくとも、おれはその姿をもって生きてきた。そして、どうしたらいいかわからない分かれ道にやってきたら、どっちに歩んでいくほうが<好きな自分>かを考えるんだ』


posted by haru at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話 あ行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。