2009年09月14日

徳永進「野の道往診」

徳永進「野の道往診」(日本放送出版協会)読了。

地元新聞での連載が終了し、寂しがっていた母にプレゼントした本。
著者は、鳥取市に『野の花診療所』を開き、がんの終末期医療などを行っている医師だ。
患者や家族の苦しみに寄り添い、暮らしの場での医療を行う著者の言葉はやさしくて心にすっと落ちてくる。

白いシーツを敷き詰めたバージンロードを歩く結婚式には、涙がこぼれた。
私たちはこれからどんなふうに人生を重ね、死んで行くのだろう。
老いること、死ぬことについて、少しだけ考えた。

ラベル:読書 徳永進
posted by haru at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話 た行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

松尾由美「オランダ水牛の謎」

松尾由美「オランダ水牛の謎」(創元推理文庫)読了。

本物の安楽椅子探偵・アーチーと衛君のお気に入りのシリーズの第二弾。
衛の同級生・野山芙紗や、アーチーの元持ち主・鈴木老人、衛の父さんたちの推理合戦が楽しい。
得意気に自説を披露する父さんがお茶目でいいなあ。

私が好きなのは『第五話 アメリカ珈琲の謎』
私の初めてのコーヒーはどんな味だっただろう。
残念ながら思い出せないけれど、アーチーと一緒に衛くんを見守っていきたいなと思った。

ラベル:松尾由美 読書
posted by haru at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話 ま行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。