2010年01月25日

中野京子「名画で読み解く ハプスブルク家12の物語」

中野京子「名画で読み解くハプスブルク家12の物語」(光文社新書)読了。

学生時代、世界史が苦手だった。
教科書に並ぶカタカナの名前たちとはずっと、仲良くなれないままだった。
ヨーロッパの歴史には興味があったけれど、何となく近寄りがたいイメージを持ち続けていた。

けれど読み始めたら、弱小豪族で無能だと思われていたハプスブルク伯ルドルフが、棚ボタ的に転がり込んできた神聖ローマ皇帝の座にしがみつき、ハプスブルク王朝の基礎を築いていくという序章の部分だけで、思いっきり引き込まれてしまった。
後の時代に生きるものから見れば、ほんの小さなきっかけから歴史がどんどん動き出していく様は、とてもドラマチックでおもしろい。

やっぱり気になるのは、様々な運命に翻弄される中で、登場する人物たちがどんなことを考えながら生きていたのかということ。
この1冊だけでは物足りなくて、もっと知りたい、もっと読みたいと思った。
ラベル: 読書 中野京子
posted by haru at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話 な行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

本棚が来た!

昨年から何件も家具店をまわり本棚を探していたが、やっと覚悟を決めて購入し、それが今日届いた。
今まで、カラーボックス2つに山積みにしていた本たちを少しずつ降ろし、新しく並べる順番を決める。

普段ほとんど本を買わない夫の方が、「これでもっと本が買えるね」と喜んでいたけれど、ひそかに危惧していた通り、今ある本を並べたらそれでほとんど埋まってしまった。
このアパートに引っ越してきて1年数カ月の間に、どうやら100冊近くの本を買ってしまっていたようで…。
狭いアパートにこれ以上増やせないし控えなければとは思うのだけれど、欲しい本はまだまだあって、我慢できるか自信がないなぁ。
また図書館通いを始めようかな。せっかく歩いていける距離にあるんだし。

なにはともあれ、きれいに背表紙が並び、本たちもいつもよりも誇らしげに見える。
まだまだ片づけの必要な状況ではあるけれど、何度も眺めてはにたにたしてしまうのだ。
posted by haru at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

鷺沢萠「サギサワ@オフィスめめ」

鷺沢萠「サギサワ@オフィスめめ」(角川文庫 現在絶版)読了。
ページをめくりながら、一人で声をあげて笑ってしまった。
HPに掲載された日記を文庫化したもので、10年前の鷺沢さんのパワフルな日常がいっぱい詰まっている。

著者が亡くなって、今年で6年。
もうこのHPも残っていないんだろうなと思いながら検索してみたら、まだ残されていた。
管理人ワタベさんのコメントを読みながら、涙がこぼれた。
10年ひと昔とは言うけれど、この本に登場している藤原伊織さんも、愛犬コマも、鷺沢さん本人も、もう遠いところに行ってしまったんだね。

『私はたぶん「判らないことを判らないままほっておくのがイヤ」なだけだったんだと思います』
私が好きだったのは、鷺沢さんのこういうところだったんだと思った。
十数年前には気づかなかったこと。
今、著者の本を読み直したら、当時とは違ったものが見えてくるかもしれない。
ただ、著書の多くが絶版になっているようで、とても哀しい気持ちになった。
これからもたくさんの人に読んでもらいたいと思う作家だ。
ラベル: 読書 鷺沢萠
posted by haru at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話 さ行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

今年最初に買った本

今年初めて書店へ行った。
購入した本は2冊。
小川洋子「博士の本棚」(新潮文庫)
中野京子「名画で読み解くハプスブルク家12の物語」(光文社新書)

「ハプスブルク家12の物語」は、今月末から開催される「華麗なるオーストリア大宮殿展」の予習用をしようと思って購入。
でも、昨年末から積読本消化強化月間が続いているので、間に合うように読めるかな。
積読本消化月間などと大げさなことを言ってますが、ただ古い積み本から読んでいこうというだけのこと。10年くらい前に買ったままの本が発見されたりするので。
あんまり本を増やさないようにしようと思っているのに、なぜか気づけばどんどん増えてしまって、本当に困ったことです。
増えるスピードに負けないように、読まねば読まねば。
ラベル:
posted by haru at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話 お買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。