2010年01月06日

今年最初に買った本

今年初めて書店へ行った。
購入した本は2冊。
小川洋子「博士の本棚」(新潮文庫)
中野京子「名画で読み解くハプスブルク家12の物語」(光文社新書)

「ハプスブルク家12の物語」は、今月末から開催される「華麗なるオーストリア大宮殿展」の予習用をしようと思って購入。
でも、昨年末から積読本消化強化月間が続いているので、間に合うように読めるかな。
積読本消化月間などと大げさなことを言ってますが、ただ古い積み本から読んでいこうというだけのこと。10年くらい前に買ったままの本が発見されたりするので。
あんまり本を増やさないようにしようと思っているのに、なぜか気づけばどんどん増えてしまって、本当に困ったことです。
増えるスピードに負けないように、読まねば読まねば。
ラベル:
posted by haru at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話 お買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。