2010年02月20日

宇江佐真理「銀の雨」

宇江佐真理「銀の雨 堪忍旦那為後勘八郎」(幻冬舎文庫)読了。

宇江佐真理さんの本を読んだのはこれが初めて。
ずいぶん前に読もうと思って購入したまま、なかなか読めずに背表紙ばかりを眺めていた。

堪忍旦那と呼ばれる北町奉行所の同心、為後勘八郎が出会った事件や周りの人々を描く連作短編集。
様々な出来事の中で、普通に暮らす人々がそれまで心に秘めていた感情を一気に爆発させる場面はとても美しいと思う。

出会いや別れ、人とのかかわりの中で、人は変わっていく。
寝る前に布団の中で読みながら、涙を抑えられなかった。

本当にもっと早く読めばよかった。
posted by haru at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話 あ行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142774491

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。