2008年02月23日

雨の日のため息  松尾由美「雨恋」

松尾由美「雨恋」(新潮文庫)読了。
引っ越したばかりのマンションの部屋で、ある晩主人公は不思議な存在と出会う。
姿の見えない、声だけのその女性は「私は幽霊です」と話し始めた。自殺したことになっているけれど、実は殺されたのだと。
そしてその幽霊の彼女の変わりに、主人公が犯人探しを始めることになる。

読み進むほどに謎が増し、切なさが増してくる。
結末へ向けて、ある予感が高まってくる中で、たどり着いた犯人には悲しい思いがあった。
すべてのページを読み終えて本を閉じたとき、知らず知らず小さなため息がこぼれた。
ラベル:読書 松尾由美
posted by haru at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話 ま行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。