2008年02月27日

平安の笛の音  夢枕獏「陰陽師 瘤取り晴明」

夢枕獏/村上豊・絵「陰陽師瘤取り晴明」(文春文庫)読了。
おなじみの安倍晴明と源博雅のシリーズの絵物語。
頬の左右に瘤をつけた、平大成・中成兄弟の姿のなんともあいらしいこと。
博雅の笛の音に感応して涙さえ流してしまう鬼が、恐ろしくもあるけれど、美しい心もあわせ持っていることに魅せられる。
それにしても、異形の鬼たちでさえ感動させてしまう博雅さまの笛の音を一度でいいから聞いてみたいと、いつも思う。
晴明の屋敷の木や花の美しさを眺めながら、博雅さまの笛を聴く。ああ、なんて幸せなひととき。
ラベル:読書 夢枕獏
posted by haru at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 本の話 や行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
haruriさんも着々と、いろいろ読まれてますねー
私、根っからの獏ファンなんですが、陰陽師シリーズはかわりばえしないのに(失礼!)
飽きなくて、好きなんです。

ついでに、私もseesaa使ってるんだけど、
こんなにいろいろできるんだーというのを初めて知りました。
面倒なことはほぼ無視してるんで…ちょっと工夫しようかしら(と思うだけ。たぶん)

Posted by てまり at 2008年03月02日 02:23
こんばんは。
早速来てくださってありがとうございます。
陰陽師シリーズは、私も、変わらないことにほっとします。
私は平安ものが好きという理由で陰陽師が好きなので、あの世界観が味わいたくて読んでしまいます。
獏さんの本は陰陽師しか読んでいないので、遠くない将来に他の本も読んでみたいなと思っているのです。
実は先月またいろいろと本を買ってしまったので、いま後処理に必死です。

seesaaはまだあんまり慣れていなくて、四苦八苦してます。
ぼちぼちバージョンアップしていければよいのですが・・・ がんばります。
Posted by haru at 2008年03月03日 22:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。