2008年03月28日

書店の誘惑

数日前に隣の市に新しい書店がオープンしたので、様子を見に行く。
新しい書店ができたら行かずにはいられないし、足を踏み入れてしまったら何も買わずに帰ることはむずかしい。
今日買ったのは次の2冊。
椎名誠「メコン・黄金水道をゆく」(集英社文庫)
瀬戸内寂聴「この人この世界 2008年4ー5月NHK知るを楽しむ 源氏物語の男君たち」

昨年の秋頃から大型書店の出店が相次いでいる。
うれしいことだけれど、どれも隣の市ばかりなので少し遠い。
近くにできればいいのに。
でも近ければ、しょっちゅう入り浸って部屋の積み本が増えるばかりになるので、ちょっとは考えろよ!という意味の遠さなのだろう・・・などと自分に言い聞かせている。
タグ:
posted by haru at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話 お買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91396944

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。