2008年05月17日

たからもののようなもの

黄ばむページ
色褪せてゆく挿絵
劣化する 布張りの表紙
古い本が重いのは 少しずつ 時間の夢を 吸い込んできたからだ
いつかは 消える夢を

ラベル:漫画 榛野なな恵
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。