2008年01月31日

奇跡  加納朋子「モノレールねこ」

加納朋子「モノレールねこ」(文藝春秋)読了。
8編からなる短編集。
とても著者らしい、優しさにあふれた物語。
『奇跡というものは、案外ちょくちょく起こるものでございますよ・・・・・・割合身近なところで』
なんて言葉が心に残る。
小さな奇跡を信じてみたくなる。そんな1冊。

表題作「モノレールねこ」で、主人公サトルはねこの首輪に手紙をはさむというやり方で、タカキと文通をする。
子供の頃に読んだ本に、図書館の本に手紙をはさむという物語があった。
次にその本を読んだ人と友だちになりたいというわけだ。
その物語にあこがれて、小学生だった私は同じように図書館の本に手紙をはさんだ。
「この本を読んだ人は手紙をください」と住所を添えて。
結局誰からも手紙は来ず、そんなことはすっかり忘れてしまっていた。
今と同じ、本を読むのが大好きだった幼い頃。
ラベル:読書 加納朋子
posted by haru at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話 か行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。