2013年03月23日

川上ユキ「もっとカエテミル」

川上ユキ「もっとカエテミルicon」(大和書房)読了。

家の中の『ごちゃだまり』の片づけ方から、DIYやリフォームまで、自分の部屋をもっと好きになるインテリアのコツがたくさん見つかる本。

私の家の中にも『ごちゃだまり』が色々あって、むむむと思いながら本を開いたのだけれど、かわいいイラストと短くまとめられたコツは分かりやすくて、これならできるかもという気にさせてくれた。
DIYは私にはちょっとハードルが高いけど、置き方を変えるだけですっきり見えるところや、お気に入りの飾り方などは真似してみたいと思う。
写真の色をモノクロに変えて飾るなんて考えてもみなかったけど、ちょっとかっこよくなって、気恥ずかしさが減っていいかも。

『かたづけや整理は、自分が気持ちよく暮らす下準備。義務に思わないで。そう考えると、苦手でも楽しくやってみよ、そんな気になりませんか?』
posted by haru at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話 か行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

門倉多仁亜「タニアのドイツ式部屋づくり」

門倉多仁亜「タニアのドイツ式部屋づくりicon」(ソフトバンククリエイティブ)読了。

ドイツ人の母を持つ著者が、母から受け継いだ暮らし方をつづった本。
インテリアや収納の写真もたくさんあって、おもしろく読んだ。

今まで、こういう本は自分には無縁だと思っていた。
本にでてくるおしゃれな部屋って、ショウルームみたいに生活感のない部屋ばっかりで、生活しているのに生活感がないなんておかしいでしょって思い込んでいたから。
考えてみたら、部屋のつくり方や暮らし方って、両親や親戚の家くらいしか知らなくて、他の人がどういう風に暮らしているのかを見せてもらえるのってすごく楽しい。
著者のお母さんの『ドイツの家はスーパーマーケットだけど、日本の家は個人商店ね』という言葉に、びっくりしたけど、確かにそうだと納得。

すっきり暮らすにはモノを持ちすぎないことがやっぱり大切で、自分たちが居心地よく過ごすにはどのくらいのものが必要なんだろう。
難しいけど、ちょうどいいポイントを見つけたい。


posted by haru at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 本の話 か行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月13日

恩田陸「不連続の世界」

恩田陸「不連続の世界icon」(幻冬舎文庫)読了。

久しぶりに恩田陸の作品を読んだ。
やっぱり好きだなあと思う。
とりとめのない思考や会話から、どんどん不思議な世界に引きずり込まれていく感じ。

5編の短編の中で、映画の撮影現場を見ると周りの人が死ぬという「幻影キネマ」が好き。
「砂丘ピクニック」の舞台になっている鳥取砂丘には行ったことがあるけれど、
『大きな砂の赤ん坊が寝てるみたい』とか『宇宙みたいね』とか、思いもしなかったたとえが出てきて、
びっくり。もう1回行ってみたくなった。

まだ読んでいない恩田作品を何冊か積んだままにしている。
いつ読もうかなと思うのも、楽しい。
ラベル:恩田陸
posted by haru at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話 あ行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月25日

加納朋子「少年少女飛行倶楽部」

加納朋子「少年少女飛行倶楽部icon」(文春文庫)読了。

中学校の部活で、飛行クラブ。活動内容は『空を飛ぶこと』って一体どうするの?と思いながら、とても楽しく読んだ。
飛行クラブのメンバーはとても個性が強くて、『「尊大」という言葉の見本みたいな』いつも偉そうな部長とか、『全身で依存してくる』主人公の幼なじみとか、人の悪口が大好きな同級生とか、考えただけで気がめいっちゃうような人たちの中で、主人公は奮闘していく。
一見関わりたくないと思うような相手でも、いろんな気持ちや事情を抱えていて、そういうことを受け入れて一緒に空を飛ぼうとする主人公たちを、心から応援したくなる。

『「僕は自分で何もできないのが悔しい。責任をとれないのが悔しい。自分がただの中学生だってことが悔しい。」』
『「大人が動けば、そりゃ物事は動く。だけどな、その大人を動かしたのはおまえらだよ」』

ラベル: 読書 加納朋子
posted by haru at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話 か行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

人生の棚卸

森下純子「片づけたいけど『片づけられない』がなくなる本icon」(PHP文庫)
大塚敦子「モノとわかれる!生き方の整理整頓icon」(岩波書店)読了。

家づくりの中で間取りをどうするか色々考えていた時、悩んだことの1つが、自分にとって暮らしやすい収納ってどういうものかなということだった。
片付けも掃除もあまり得意ではないから、片づけやすく掃除がしやすい家にしたいと思っている。

今まであまり興味がなくて知らなかったけれど、書店で探すと、収納や片づけのことを書いた本がたくさんあってびっくりした。
その中で、たまたま手にとった「片づけたいけど『片づけられない』がなくなる本」の中で、ライフオーガナイズという言葉に初めて出会った。

ライフオーガナイズとは、
『自分自身の思考を整理して、住居、生活、仕事、人生などあらゆるコト・モノを効果的に準備・計画・整えること。そのために人生の仕組みづくりをしていきましょうという考え方』だそう。
『自分の人生の全体像を見て、自分らしく暮らしを整え、自分で人生をコントロールしていくこと』とも書いてあって、それを読んで、あ、そうかと思った。
私が持っているものは、当然私が今までの人生で選んできたもので、そのため込んでしまったものを見直すことは、人生を見直すことにつながるんだってこと。

この本の中には、片づけ方だけでなく、著者がライフオーガナイズと出会ったいきさつなども書かれていて、そのエピソードに前向きなエネルギーをいっぱいもらうことができた。
posted by haru at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話 ま行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。